FC2ブログ

dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

自分の頭の中に、優しい言葉を増やしていこうと思う。
皮肉や、抑圧や、攻撃や、牽制の言葉を
いつまでも抱えていたって仕方ない。

zenさんの言ってること、良く解ります。そして私も同じような事を感じてきたと思う。
かつて無関心は私にとって最大の武器でした。…のつもりでした。理想は無関心でいる自分で、心を動かさない溢れるものなど持たない自分が好きだったよ。思えば幼い、イタい姿です。
多分そういうんだから、私もニセの優しさをたくさん持っています。
自分でも、どれがニセだかホンモノだかわからないくらい。
まぁ、その境界なんて曖昧で、本当はあるのかどうかもわからない。
そんな状態の私が自分の内部の優しくないものを退治しようとしても迷うばかり。
だけど、本当に優しい人にいつかなりたい…と、あの日は切実に思いました。
だけどもうしばらく、私の暴言はこの場所に限り暴れさせてやることにしたよ。
愛の反対は無関心。
だから近親者や大切な人との確執はつらいんだよね

2006.08.18 11:08 URL | moon #- [ 編集 ]

感情が溢れてくるとき、膨れるとき、
好ましいもの、好ましくないもの、その違いはあっても大きくなる様は同じなんだよね。

愛の対極が無関心

という公式を使ってみると
何かに怒ったり罵ったり不安がったりしている様は、遠巻きに見て、、、まあ無関心よりマシ、といことでしょうか。

感情あること・・・いろんな(不安や怒り含めた)感情を持っているということは、やっぱりどっかに愛ある人、なんだと。

優しいっての、難しくって。
ぼくはニセの優しさをたくさん持ってる気がします。
弱さとか無責任さとかそういうのをひっくり返したような。
寂しい人がよく持ってるようなものです。
それはそれで、あんまりそこらに落ちてるものじゃあないですが。

怒らないことが優しさではないです。 と思います。
ぼくの中で、優しさと対をなしているのは、今は多分、寂しさだと思います。
だからぼくのニセの優しさや寂しさは、他人にとっても、自分にとっても、ぼくのできる最大の暴力になり得ます。

いちばん気になって、膨れ上がって困ってるところに、いちばん見えない欲しいものが隠れてる可能性は、とても大きいと思いますよ。

その点、ぼくはどうも、怒れない人なんですよね。

2006.08.17 04:10 URL | zen #zymMP2hM [ 編集 ]

よかったですね。
大きな雲がなくなって、晴れ晴れ…ですね。
このようなきっかけで、実に色々なことを考えさせられます。
健康のありがたさはもちろんですが、家族とか、パートナーとか、自分自身とかのことをあらためて…。
走り終えて、また新たなスタートですね。
今度はどんなコースでしょうね…、お互いにぼちぼちいきましょう。

2006.08.16 17:12 URL | moon #LYqPOurQ [ 編集 ]

検査結果は大丈夫でした。
我が家の生活はこのことが無かったの如く、元へ戻ろうとしております。でも一つmoonさんにいただいた「どんな結果が出ても、二人だから大丈夫…」を肝に銘じて、スタート台に立つことにします。
ありがとうございました。

2006.08.15 07:32 URL | Naya・Boc #WwsFi/EQ [ 編集 ]

やはり病気の時の、「大丈夫」は、ドクターにはかないませんよね。
だけど、まったく別の意味でNaya'Bocさんの大丈夫もきっと奥様にとって意味があるんじゃないでしょうか。
本当は、不安なときはそばに寄り添っていてくれることが一番有り難いのかもしれないですが、それでもさらに何か言葉が欲しくなるときがあります。
つらそうにしている大切な人を前にすると、どんな言葉を言えば…と迷うけど、言霊っていうのか、魂のこもった言葉には、不思議と力があるような気がします。
どんな結果が出ても、二人だから大丈夫…そういうNaya'Bocさんの気持ちは、きっと通じていますよ。
大丈夫。

2006.08.14 00:53 URL | moon #LYqPOurQ [ 編集 ]

 「君ならできるよ、大丈夫だよ」なんて言われ、ぽんと背中を押させると新しいことにでも挑戦できる。でも、自分ひとりで考えていると前はできた事でも事情が違うからなんてマイナス思考になるときがある。自分に取って「大丈夫」という言葉が大きな支えになる事がある。
 もともと「大丈夫」というのは仏教用語で丈夫、つまり、ますらお、男子をほめていう言葉です。まちがいない、あぶなげない、非常にしっかりしている様子を意味していますが、人から言われると安心する言葉なんです。
 女房は健康診断で血便が見つかり、すっかり落ち込んでます。普段掃除もしない座敷を片付けたり、今までしなかったことを意地になって身辺整理しています。「大丈夫だって」と言っても信用しません。でもこれが検査結果で医者に「大丈夫」って言われれば信用するんですよね・・・・。私の言うことよりも他人である医者の言うことの方を信じる。
 当たり前の事と承知ですが、こんな時、皮肉や、抑圧や、攻撃や、牽制の言葉を浴びせる元気が欲しいと思います。優しさが魂に食い込むことがあります。それをはねのける様な身勝手な信念も大切だと思います。

2006.08.12 22:14 URL | Naya・Boc #WwsFi/EQ [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/54-6674b93d