dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

友人が時々言います

 何もかもひとりで背負い込んで我慢しているなんておかしい
 言う事はちゃんと言ったほうがいい

私もそう思う
けど言えなかった

どう言えばいいのか
何から話せばいいのか
何を話せばいいのか

考えれば考えるほどわからない


そう
もっとシンプルに考えよう
まず思い浮かんだことからどんどん口にしていこう

最近 そう思えるようになった


いつも実家に帰ると
私はXから一番遠い席か、並びの顔が見えない席に座る
けれど最近気づいた
目を覆うことや視線をそらすことは容易でも
声を聴かないようにすることは出来ないって事

ああ、それが一番苦しかったんだ
自分で気づかなかった
不思議

これはどうすることも出来ない
耳をふさいで
ムンクの叫びみたいに
心の中で

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と叫んでいればいいのか
それはちょっと難しい

それで私は言った
誰に言ったかというと姉に言いました
X本人には言えなかった
怖いんじゃない
強がりじゃなくて本当に怖いんじゃなくて
面と向かうと息ができなくなって苦しいだけ

情けないけど
ずるいけど
姉に言いました

 私ね、ここに来るの楽しいしみんなと話すの好き
 だけどあの人がいるから 来たくてもあまり来られない
 過呼吸になるし
 家に帰ってしばらくはつらい

 昔ね、私 家にいなかったのは居場所がなかったからで
 あの家に私のいるところが
 安心していられるところが無くて
 それで色んな所泊まり歩いたりしてたけど
 今は安心していられる場所があって
 でもなんでだかそれでか余計に
 つらいことが余計につらくなって

 だからね、私がここにいる時
 あの人と少しでも遠くに離れていられるように
 遠くの席にいられるように
 ちょっとだけ協力してもらえるかな
 いいかな

 もっと早く言わなきゃと思ってたけど
 だけどあの時 あの人と突然いなくなっちゃったよね
 だから言えなかった
 
 色々
 タイミング悪かったね


最後はノスタルジックな思い出話みたいな口調になった
心の中とはうらはらに
 







本日は、まずまずの火曜定休日を過ごしてます。

院長せんせ、心配だね。
私のヨガの先生も今病気のためにやめてしまってお家で療養中です。
先生というより、人生の師匠で、それはそれは私のいろんな醜態もご存知で。
その時その時に、見守ってくれてヨガを通して励ましてくれた人です。
院長せんせもねずさんにとってのそんな感じの人なのでしょうか。

私は、先生から卒業しなきゃならなかった時毎夜毎夜うなされました。
怖くて不条理な何かから逃げられず、叫ぶ自分の声で目がさめたりしてとってもジタバタしました。
いつかひとりで歩かなきゃならない日が来るけど、でもその時は頼れる人がいたら誰でもいいから頼っちゃえばいいんですよね。
誰か助けてって言えばいいんだよね。

> どっちでも元気で居ることが 何よりだと思います。

ですです^^


> ぼくは 毎日が一生懸命で 歳をとることや 時間が流れることを 少し忘れてるようです。
>
> でもくどくどと熱くなが~いオッサンのデス声を聞きながら ソレもシヤワセ と思えるようです。
> ぼくは大丈夫です。


良かった。
おっさんのdeath声で心が平和になる人だっています(笑)
私もそうです。

ねずさん、毎日がシアワセでありますように。

2016.06.21 17:26 URL | moon #- [ 編集 ]

ご機嫌如何ですか?
いろいろあると思います なかったりもします
どっちでも元気で居ることが 何よりだと思います。

ぼくの行ってる病院の 頼りにしているいんちょ先生が 倒れてしまいました 働きすぎのパニック障害を持つ先生です。
昨日聞いたんですが 前立腺がんも持っちゃってるって。

先生が居なくなったら ぼくもまた 障害が重くなるかもしれません
いろいろあるんだね っていう奴です

桜が咲く頃の青い空を思い出しました。
千年超える青です。
懐かしいですね。
ぼくは 毎日が一生懸命で 歳をとることや 時間が流れることを 少し忘れてるようです。

でもくどくどと熱くなが~いオッサンのデス声を聞きながら ソレもシヤワセ と思えるようです。
ぼくは大丈夫です。

moonさんも大事にしてね。
思いついたので書いてみました。

2016.06.19 20:21 URL | nez #zymMP2hM [ 編集 ]

変わるってことは、人の、いきものの、宇宙の宿命だと思うのです。
宿命・・・というのと違うかなぁ
変化こそが、そのものが宇宙なのではないかと。

そんな中で、変わることを拒否している人々がいて
Nezさんのいう

> 人は言葉で変わるのではなくて
> その人の『気づき』で変わるものだと思っています

「気づく」ことを拒否し続け、気づいているのに気づかないことにしている人たちです。

そういう人には、言葉で言わないとダメなんだろうな。
・・・と思うに至りました。
だけど、言葉で言っても、なるべくその言葉を吸い込まないように息を止めているような
そういう顔をしていました。

Nezさんも勇気を出したんですね。
そのタイミングは、何かの波動のようにやってきて
その波が打ち寄せるように引くようにして体を押してくれる気がしました。
できることなら私も戦いたくない。
面倒くさいのは嫌なんですもん。
諦められることは諦めて、

> 好きなことだけやって テキトウなものを残して 去って行くのだ

ほんと、そうやっていたいよね。

> でも 悔しいこともあるよね
> ぼくは戦うことを知らないね
> でも戦う人もいるんだよね
> 強いんじゃなくて 戦い抜く愉しさもあるんだよね

私は悔しくて・・・。
なんだか急に、すごく悔しくなっちゃって
いたたまれずにいました。
だから勇気も出たんだと思う。
悔しさの波に押し出されたのかも。
>
> ぼくは 弱いのかな
> だから不戦主義者なんだ

不戦主義者は決して弱くなんかないです。
徹底的に不戦主義者だった頃の私は、すごく強かった。
一緒に暮らしていたんだもん、自分でもすげーな、って思います。

許すことが幸福なのはわかってる。
わかったうえで、そう、許すけれども、でも自分を守る。
そういう事に決めたのかな、私は。

許すことは自分のためですよね。
自分を守るのも自分のため。
自分のために生きるんだ!
そうだそうだ。

と、思っています。

せめて心だけでも、自由に羽ばたいて遠くに遠くに離れて行きたいです。

Nezさんの毎日が、楽しくて幸せでありますように。
自分に優しくしてね。

2016.06.06 00:04 URL | moon #- [ 編集 ]

人は言葉で変わるのではなくて
その人の『気づき』で変わるものだと思っています

だからもう 相手には気がついているのかもしれない
半分くらいは。

でも言わなければ伝わらないこともあるので
会話をする 勇気を出して。
上司と 母親と 夫と 子供と。。。etc...

ぼくはひとつ大人になった気がします
どうせ一生のうちにできることは 凡人の範囲内なのだから
好きなことだけやって テキトウなものを残して 去って行くのだ
嫌いなモノに触れて落ち込んで暮らすのもアリだけど
好きなモノにしか触れないで 食べて 飲んで 昼寝して いびきをかいて 次の朝 が来るまで生きる

でも 悔しいこともあるよね
ぼくは戦うことを知らないね
でも戦う人もいるんだよね
強いんじゃなくて 戦い抜く愉しさもあるんだよね

ぼくは 弱いのかな
だから不戦主義者なんだ

いかに戦わないで生き残るか
許し続けることが ぼくの戦いかもしれません。

遠くに行きましょう
部屋のあっちとこっちだなんて言わないで
私の時空と 貴方の世界 ぐらいに
離れちゃいましょう

法律も 日の長さも 見える景色も 太陽の数も
ちがうかも知れません

それでも グーグルマップの
同じピンの上かもしれないんです。

人は 自分で変わるしか ないのです
変えようと思ったら 墓穴ひとつ、 自分の。
損です。

自分の時空を 壊したりはしなくて いい
ぼくらは いつも 新しい。

そんな風に思いました。

2016.05.31 23:14 URL | nez #zymMP2hM [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/507-101393f0