SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:25:38
Sexual Abuse(SA)の被害者が風俗の仕事を選んだりすることが少なくないってご存知でしょうか。
なんでまたよりによって・・・って思われてしまうのかもしれません。
でも、そういうことになっちゃうんです。

私は、風俗の仕事をしたことはありませんが、その気持ちはわかります。
セックスというものに混乱させられ翻弄されてきて、
ある年齢になるとそれを能動的に征服したくなるのかもしれません。
いえいえ、そんなにロジカルに自己分析が出来ているわけではなく、
ただただ何かに追われるように
苦しさから逃れるように
救いを求めるようにして
セックスのある場所に逃げていく・・・そんな感じです。

セックスを自分のコントロール下・・という位置に据えるためにセックスを繰り返す。
そういうことをせずに居られなくなる心理があるのです。

簡単にいえば、過去の忌まわしい記憶を上書き保存したいということです。

あまりに忌まわしく過ぎて人生を黒く染めすぎてしまった出来事は、
上書きしてもなかなか白くなりません。
だから、一所懸命上書きを繰り返しちゃうのです。

多分そのためにSA被害者は再度性暴力を受けやすい状況に自ら近寄っていってしまう。
そして時には同じ事が繰り返され、さらに傷をえぐってしまう。
けれど、それは周囲にどう映るのでしょう。

自業自得に見えるんでしょう。
多分私が何も経験したことのない人間ならば、そう思うだろうし軽蔑もするかもしれません。

仕方のない誤解かと思うし、理解されにくいのは重々解っていて、あえて言っておきたい。
いたたまれない思いで、セックスに近寄っていってしまうこと。
それが、自己肯定感を取り戻す唯一の方法だと感じてしまうこと。

多分無意識でそうしている人もたくさんいると思います。

平然としてセックスに挑んでいく若い女性を見る度聞くたびに、
その上書きしきれない黒いファイルのことを思って悲しくなります。



だって、その黒いファイルは、そんな薬物中毒のようなセックスでは上書きできないんですもん。


IMG_0183.jpg



コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/198-665c869c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

moon

Author:moon
自己紹介
  ↓
http://moon5.blog41.fc2.com/blog-entry-185.html


ACについて書いた長いプロフィールです
      ↑
私の生い立ちを綴っています。
長い自己紹介を兼ねた、特にAC(アダルトチルドレン)をテーマにしたサイトです。

その他のリンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
 
月別アーカイブ