SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中
2017/10«│ 2017/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
22:26:50
名称未設定-1


コメント
Re: タイトルなし
ねずさん

良いお仕事に巡りあえて良かったです。
長い時間を過ごす場所と人たち、とても大切だよね。
私も今の職場は、恵まれていると思っています。

こちら側とあちら側の境界線。
それはすごく曖昧なものだと
私も思います。

もちろんそれはひとりひとりの心のなかにあるんだけど、
ちょっとしたことで、その境界線をまたいでしまうね。

たとえばね、
電車の中でぶつかった人ににらまれたとかね。
お仕事で簡単なこと間違えちゃったとかね。
好きな人の言葉が、ちょっと刺々しい気がしたとかね。

もう、それは簡単に天国から地獄へ。
こちらからあちらへ。

行っちゃうんですよね。

そしてあちら側の世界に行くと
なぜか悲しいことばかりが次々起きて
なかなかこちらに帰ってこれなくなる。
それは私の…いつものパターン(・・;)

考える力を奪われても、
大丈夫それでもいいじゃない?

またいつか考えることも出来るよ。
今は考えちゃダメなときなのかも。

あっちとこっち
両方が解るときもきっときますよ。

今は何か、別の物を見つけるときなのかも知れませんよ。

moon│URL│2012/09/29(Sat)01:43:47│ 編集
ぼくは今 どちら側にいるのだろう

病気は少しずつ 確実に快方に向かっています
薬とは友達にならなければならないけど。
今行ってる仕事場は ぐいぐいと
明るい世界にぼくを 引っ張ってくれています。

でも、ふと思うのです
お金や嫉妬、年齢や性別
そんなものがきっかけで
明るい世界は一変してしまう
あっという間にこちら側へ。

総べての人が あちらこちらを彷徨っている
境界線はほんの点字ブロックのように越えやすく。

ぼくの家族は何処にいるのだろう

その答えが出てこない時は、ぼくの世界は月夜です
その答えが出てくる時は、ぼくの世界は常夏です

ぼくはこの点字ブロックの上に立っているような気分です
時に秋葉原へ行き 時に振り返って家に帰る
怖さとか 鋭さとか 淑やかさとか 難しい事を
考える力を奪われたから。

これは幸福な事だと
病気になって判るようになりました。
あっちとこっち
両方を解る人になりたかった
少しはぼくも 居る場所が できたのかもしれません
時には月を。
時には太陽を。


ねず│URL│2012/09/27(Thu)20:48:52│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/192-13d2bfcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

moon

Author:moon
自己紹介
  ↓
http://moon5.blog41.fc2.com/blog-entry-185.html


ACについて書いた長いプロフィールです
      ↑
私の生い立ちを綴っています。
長い自己紹介を兼ねた、特にAC(アダルトチルドレン)をテーマにしたサイトです。

その他のリンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
 
月別アーカイブ