dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

 一昨日メンクリに行った。
電車の中などで、不潔恐怖が起きると
呼吸を無意識に止めている事に気づいた…という話をした。
息苦しくなって呼吸をしようとしたとき、
まるで息の仕方を忘れたみたいにうまく出来ず、
息苦しくて軽いパニックになる…。

ドクターは、
不潔なものに相対したとき、
口から菌が体内に入るのを阻止しようとする行為は
本能的なものだといった。

「考えすぎなんでしょうかね」
私がそう言うと

「そうかもしれませんね」
ぶっきらぼうにそう言って、すぐに次の予約の話に話題を変えた。

なんだか、もうこのドクターを信頼できなくなっている自分に気づいた。
お薬をもらうだけ。

まあそれでもいいか、と思っていたけど、
そのお薬だって出来れば早くやめたい。

でも断薬を自己判断でするのはちょっと怖い。

ドクターは今の段階で薬をやめると元に戻る可能性は高いという。


うんざりだ。

副作用だってけっこうつらい。


ほんとにもう、うんざりだ。

こんばんは。

ありがとうございます。共感していただけて気持ちが軽くなります。

> 主治医も多忙で機嫌が悪そうなため

まさにそんな雰囲気がありありと…って感じです。
内科でも外科でも耳鼻科でも…症状の変化に耳を傾けてくれてアドバイスをしてくれて、次のお薬の調整をしてくれて…というのは定期的通院でも最低限のことだと思うのですが、それすらままならないのです。
ドクターが必要以上に事務的に思えることも、患者との距離を意識的に保つための方便なのかと深読みしたりもしています。
ただ、そのことで信頼関係が失われていくのであれば、それは医者の力不足なんじゃ…なんて批判が湧き上がってしまうのも事実。
気持ちが揺れています。

> お医者様の「質」が少しでも良くなりますように・・・。

お互いに、切実にそれを望みますよね。
怜さんもどうかお大切に…。

2010.12.04 23:35 URL | moon #- [ 編集 ]

こんばんは。

私も最近、主治医に陰性転移しています(医師不足による短い診察のため。主治医も多忙で機嫌が悪そうなため)
患者は、本当に悩み苦しんで通院し、診察を受けるのに、余りに事務的だと信頼関係そのものが失われると思います。
お薬も体に入るものなので気になりますよね。
私もずっと処方薬の副作用で悩んでいるから、お辛い気持ちが分かります。
お医者様の「質」が少しでも良くなりますように・・・。

2010.12.03 20:02 URL | 小我 怜 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/170-55710496