FC2ブログ

dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今だから…っていっても、昨日のことなんですが…。

うんこ踏みました。

朝通勤の時に通る道、
犬の散歩の人とよくすれ違うような道です。

昨日も朝から暑い日でした。
職場まであと30メートル…っていうあたりで、
「はぁ~もうすぐだ。」
と気を許したのでしょうか…。
ぼんやりしていたのでしょう。

次の瞬間サンダルを履いていた右足の底にぬるっ…という感触。

ぎょっとして振り返ると、
たった今私が踏んだ場所に原型をとどめない犬のものらしきブツが。

ああ…。


さて、ここで大問題なのは、私は強迫性障害という病気であります。
特に、不潔恐怖。
それもなぜか足の裏に凄くこだわってしまうのです。
それと、言葉に関する強迫。
自分の発言が相手に正しく伝わったのか、
ひたすら繰り返し繰り返し確認してしまう。

相手の言葉の意図はなんなのか。
言われた言葉を繰り返し繰り返し思い出し脳内再生しては
検証してしまう。

そんな私が、昨日のような暑い日の朝に
うんこを踏んだわけです。

そして、Twitterでつぶやきました。

「うんこふんだなう」


一日の仕事を何とか終え、その後
サンダルは捨てました。
そこにいたるまでの苦労はこのたびは省略します。

一方帰宅途中携帯から、今朝の
「うんこふんだなう」
についてのTwitterでの反応をみてみました。

軽くジョークで返してくれる人もありました。
でも、
でも、
タイムラインにあまり気持ちの良いものではない言葉を
流したことに対する批判的な返信があったのです。

今回は潔癖強迫より、
この言葉に対してあれからずっとこだわり抜いて執着している
自分でも普通じゃないと感じるこの強迫に参っています。
多分ネットでなかったら
その言葉について繰り返し繰り返し
相手に問いただしていることでしょう。

そして
「こいつ変だ。
 こいつおかしい…。」
そう思った時の特有のあの表情
あの逃げ腰の表情を相手の顔の中に読み取って
ますます堂々めぐりをしていくのです。

ネットでよかった。
Twitterでよかった。

うんこふんだ。

その失敗以来
自分自身をTwitterから遠ざけているわけです。

それがまあ、
理性です。

失敗が失敗を生むのを避けるための
強迫野郎なりの知恵なわけです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/165-b5a3e8dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。