SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
02:25:21
今日の~お風呂はつらかった~♪
(山谷ブルースって凄い古い歌の替え歌…のつもり)
もとは「今日の~仕事はつらかった~♪」なんですけどね。
これ、本当に仕事がつらかった帰り道とか頭の中でエンドレスに自動再生されていたりします。

ところで、お風呂の中に
ブラック(触れてしまったらもう一度身体を洗い直さなきゃならない場所)
グレー(触れてしまったらお湯で洗い流さなきゃならない場所)
ホワイトゾーン(普通に触っていい場所)
ってのがあります。

強迫の出方は日によって色々で、今日のお風呂はつらかった…です。
プラックゾーンに触れたときのストレス…、特に今日は視野に入っただけでも緊張しました。
本当に酷くなってしまったときは以前書いたように蛇口もグレーゾーンになってしまい、そこから出てくる水までが不潔なようで不安になります。

今日はそんな感じになりそうなちょっと手前の状態でした。
この病気のことを私は本当はよく解っていないんです。

私の親しい友人と、姪は、私から見て明らかにこの病気です。
友人の方は、彼女自身この病気について知識もあり自覚があります。
「私、強迫神経症だから」(以前はそう呼んでいましたね)と、自分でする他人から見ておかしな行動を自分で理解していました。
姪は、自分の行動の異常さが多分…わかっていると思いますが、これが病気であるという知識が無いかもしれません。

友人とは昔から、強迫について語ることもよくありましたが、姪にはあえて「それは病気なんではないのか」
と言ってみることはしません。
きっとそう自覚したとき、彼女には家族の理解とサポートが得られないと思うから。

強迫と言っても色々な種類のものがあるんだなと思います。
最近この病気のことをもっと知りたくてブログ村の同じ病気の方たちのブログを拝見したりしています。
それが何よりもわかりやすくて共感しやすく参考になります。
私は、潔癖の強迫と、自分の発した言葉が相手にどのように受け取られたかが異常に気になり、不自然なくらいの言い訳をし続けたりとんでもなく悪い結果を妄想して不安に苛まれたりします。
それも、ああ、またはじまったんだな…と、自分で自覚出来るときもあれば、自覚出来ずに不安だけに襲われることもよくあります。

強迫性障害というと、なんども繰り返してを洗ったり、何度も鍵をかけたか確かめたり…という症状がよく知られていると思いますが、実はいろいろなんだなーと…。
とにかく周囲の理解がまだ浅い病気は、患者にしてみるとなかなか面倒です。

強迫に苛まれているとき、少しでも自分を客観的に見ようとすることは、病気の回復にとって良いことなんでしょうか。
なによりもつらいのは、ストレスが多いことです。
お風呂でもくつろげずいつも緊張してしまう。
水回り、寝具、トイレ、気になるポイントはいくつかあります。
そして、それは悪夢となって寝ている間も神経を逆なでしたりして休まりません。
そのストレス自体がさらに症状を悪化させる…つまり悪循環です。

アダルトチルドレンも、自分で自覚して、知識を積み重ね、たくさん本を読んで、自分自身の心を見つめ…そうやってすごく長い時間かかったけど少しずつ生きやすくなってきました。

だからこの病気もそんなふうになっていけばいいなと思います。


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/148-b3c78581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

moon

Author:moon
自己紹介
  ↓
http://moon5.blog41.fc2.com/blog-entry-185.html


ACについて書いた長いプロフィールです
      ↑
私の生い立ちを綴っています。
長い自己紹介を兼ねた、特にAC(アダルトチルドレン)をテーマにしたサイトです。

その他のリンク
このブログをリンクに追加する
Twitter
 
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。