dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

今朝また悪夢を見て、すごく気分が悪くて
夢の中で気力を使いきってしまったみたいに体が言う事を聞かなくてひたすら寝てしまった。
もう夕方まで眠り続けてしまい、せっかくの晴天のお休みを無駄にした感じ。

夢の中で私は
昔の知り合いだったある人を説得してた。
彼は姉の命を狙っていて、
私たち一家(当時の実家の)を彼は恨んでた。
で、私は
「あなたが昔私たちを思ってくれたように、私たちもあなたのことを思っていたんだよ。」
と必死で伝えていた。
彼は理解してくれたふうで、私はほっとするとともに彼を説得できた自分自身に満足していた。

でも、彼は姉を殺害する計画を諦めてはいなかった。


なんでこんな夢をみたのか、
多分私には彼に対する罪悪感が心の奥にあるのだろう。
彼に代表される、おそらく私たちが昔、搾取してきた・・・と言ってよい人々。

私は、彼らの労働のおかげで、生きてきた。
買いたいものを買い、
思いどおりの教育を受けた。
当たり前のように。
それに感謝することも無く。

一方で彼らは、労働に見合う報酬を受け取っていなかったはずだ。
それに思い至らなかった私を、今になって気づいて
私はきっと自分を恥じているんだろう。
そういうものを糧として形成されているこの肉体を
恥じているんだと思う。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://moon5.blog41.fc2.com/tb.php/133-badebf16