fc2ブログ
HOME プロフィール

moon

Author:moon
自己紹介

子どものころ性虐待を受けていました。
長い間、そのことを忘れたかのように普通に暮らしてきたのだけど、少しずつパンドラの箱を開けながら自分と向き合うことを始めています。
今はまだ途中ですが、さらに幸せになることを目指して明るい場所に向かって歩いて行こうと思っています。

はじめましてのご挨拶↓
http://moon5.blog41.fc2.com/blog-entry-185.html


私の生い立ちと長い自己紹介のサイトです。AC(アダルトチルドレン)についても試行錯誤した記録を残しています。↓
このブログのバナーです



      

カテゴリー 月別アーカイブ
最近のコメント Twitter
 

dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中
2020年03月の記事

深海の魚

今お世話になっているカウンセラーさんとお別れした。
彼女のスキルアップによる転職のお話は以前から聞いていた。
治療途中でのお別れに対するお詫びとともに。
そして、先日はとうとう最後のカウンセリングの日だった。

この先生とのやりとりで一番心に残っている話は
深海の魚 のこと。

海の浅いところで泳ぐ魚もいれば、深海で生きる魚もいます。
でも中には、その間を行き来する魚がいる。
moonさんはそんな魚なんですね。

私はその言葉でなぜか急に涙があふれとまらなくなった。
先生も少しだけ当惑されていたようにも見えた。

そして、お別れになることを告げられた日のカウンセリングで

前に深海の魚のお話をしましたよね。
moonさんは、浅いところも深いところも行き来できる能力をお持ちで、
だからこそ人一倍つらい道を歩んでこられた。
でも、それはmoonさんの財産だと思うんです。

その言葉は、とてもありがたかった。
今までのつらいことが労われた気がした。
どんな優しい慰めよりも、お疲れ様 と言われた気がした。
そして私の遠回りが無駄ではなかったと、認められた気がした。

そんなふうに、私が救われたこと。
その気持ちをお別れの時、伝えてお礼を言いたかった。
どうしても。
その時に思っていたのは、もうひとつのHPに書いた私の生い立ちに出てくるH先生に対する後悔。
H先生は高校時代、暗闇でもがいていた私に根気よく手を差し伸べてくれた担任だった。
私は真っ暗な中手探りで、すべての手を払いのけ暴れ続けて、もちろんH先生の助けの手もピシャリと叩いてはねのけた。
そしてそのまま別れた。

その時の後悔をもう二度と繰り返したくないと思い、今回だけはちゃんとありがとうを言いたいと思った。

最後のカウンセリング終わり、書類に何か書き込んでまとめる先生に

先生、私。
先生が以前言ってくれた深海の話、すごく救われてて。
深海に潜る力が財産だって・・・言ってくださったこと。
その言葉、私の財産です。
新しい、財産になりました。

先生は、
ああ、よかった
嬉しいです
と言ってにっこり笑った。

コロナで自粛中なので握手はしなかったけど
本当はハグしたかったけど、
でも、ちゃんと気持ちを伝えられて満足だ。

私はこんなふうに前とは違う私になりつつある。
ちゃんと人と向き合い、自分の思いをまっすぐに伝え
自分を愛し、他者をいつくしんで
地に足をつけて、ちゃんと明るいところを
周りを見ながら、着々と歩いていく。

これからも。
THEME:近親者による性虐待からの快復 | GENRE:心と身体 |

空白の時間

カウンセリングでわかったこと。
最近私はいつもいつも何かに追われるように急いでいて、何をやっても雑になる。


かなり前、私は全く違う性格だった。
なんでも根気よく丁寧に時間をかけてやる。
のんびりと一つのことに集中して気がすむまでやる。
そういうタイプだったのだけど、性格がすっかり変わってしまった。
本も読めないのは前にも書いたけど、うつ状態から脱してもそれは変わらなかった。
何故なんだろうと思っていた昨今。
カウンセラーさんに、私が急いでたどり着きたい先は「空白」ではないのかと言われ、
「それだ!」と思った。
「空白」を目指していつも慌ててるんだ。
その空白とは、何もすることがない状態で、全てのことを完璧に終えて、もう何もしなくて良い、やることがない…っていう状態。


で、そんな状態はまずあり得ないので、(家事も、やらなきゃならない事は無限にある)私はこれからも何かに追われるようにいつも急いでる状態を続けるしかない。


ふと、不思議の国のアリスに出てくるうさぎみたいだと思った。