dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
はじめましての書き直しの書き直しです。
moonと申します。

私は、ちょっと変わった環境の家庭で育ちました。

小学生の頃ある知人男性(このブログではXとしています)からたびたび性暴力を受けました。
そして、彼はその後、私の年の離れた姉と結婚しました。

現在家族は再婚した夫と、社会人の娘。
所々の事情により 今、娘はXのいる実家で暮らしています。
鬱病を患っていましたが今は寛解しています。
同時に強迫性障害が再発しました。
今はアップダウン有りながらもなんとかお仕事などもしています。
スポンサーサイト
今年は私の身近な人達が何人か死んで行きました。

あまりにも暴力的に大切な人をもぎ取っていくのが『死』で
その別れは、この世のどんな別れよりも救いがなくて非情で
だからとても恐ろしい。

いなくなった人の新たな旅立ちなのだと考えるのも良いし
安らかな眠りなのだと思うのも良いし
死んだら無になるのだと決めつけてもよい。

けど、そんなことはどっちだったとしても
とり残されて
愛する人を奪い取られて呆然としている人たちは救えない。
どんな言葉も意味が無くなるくらいの絶望から這い上がるのに
時間以外の何が助けになるだろう。

そういうことを考えながら
身近でいなくなってしまった人を思い出して
今年は終わっていきます。


fuyu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。