dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

4

先週、あなたの3番目の妻が亡くなりました。
今彼女は、そちらにいますか?
仲良くデートしてるんじゃないかと想像しています。

棺にお手紙を入れた。
「ありがとう」って、
それから、色々と思い出を書きました。
お祝いにもらったカメラのこと。
あと、こどものころに遊んでもらったこと。

そして、あの時
『幸せになって。』
って言ってくれてありがとう、忘れません・・って書きました。

彼女の良い所は
真面目で義理堅いところですね。

私はそんなところが好きだよ。
はっきりものを言うし、白黒ちゃんとしないと気が済まないし、
だから敵を作ったりするけども
でも、私はそういうところ、良いと思ってた。
だから、好きです。

お別れは思ったほどつらくなかった。
それより早く病の身体から離れて、楽ちんになれてよかったと思った。

『お疲れ様でした』
って、思いました。


でも、あなたのことは、今でも
ここにいてくれたらなぁ・・・って
時々思います。


正直、
昔は、あまり好きじゃなかったんだけどね。
今は、あんなに早くいなくならないで欲しかったと
思ってます。




時々イライラの悪魔が襲ってくる。

きっとストレスが飽和状態になった時になるんだと思う。

強迫性障害で、自分が喋ったことが後になって気になって仕方ないくせに、
辛辣なことを口走ったりしてしまう。
どうでもいい天気の話とか、ニュースの話とか、
そういうのは別として
喋ったことの中身を
何度も繰り返し頭のなかで上映しては吟味して
片っ端から訂正したくなる症状。

病気なの解ってるから、
そのたびにメールしたり戻っていって訂正したりはしない。
けど、その衝動を抑えるのも結構大変。
それがいつもだから余計大変。

イライラの悪魔がそばにいる時は
こうして種を蒔いたあとに刈り取る作業に追われるから
イライラに加えて強迫との闘いも始まる。

酷いスパイラル。



ストレスが溜まってても無理してても、忘れたころでないと気がつかない。
どんなことも平然とやり過ごすことが生きるための特技だったけど、
今は邪魔なスキル。