dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
秋のテンプレです。

スポンサーサイト
許せないことなど何も無いんだ
どんなことだって
「そうかもしれない」
「それもありかもしれない」
と思うんだ私は

だからって
心が広いわけでもなく
悟っているわけでもなく

むしろ

心の振り子は大きく揺れている

ただ
その揺れは

何かの動機になるわけでもなく
何かの行動になって形になるわけでもなく
何かの言葉になって表れるわけでもなく

ただ揺れて

揺れて揺れて

おしまい。

この揺れは
きっと『否』という自己表現の源なんだろう

でも
『否』という言葉を知らなかったから
大人になっても
その使い方が解らないんだ私には
「今夜は遅いから泊まっていきなさい。」
といわれるとすごく困る。
「帰る」
と言うと
「たまにはゆっくり泊まっていきなさい。」
と、まるで普通の家のまねごとみたいなことをいわれ
しかたなく
「うん」
というと、
「早くお風呂に入りなさい」
と、やっぱり言われるので
「お風呂はいい。」
というと
「なんでよ。
 疲れがとれるから、ゆっくり入ってらっしゃい。」
と、うるさい。

Xが日々使っているバスルームを
使うのが嫌で嫌でたまらないのに

『この家のお風呂は汚れてるから、
 身体が汚れるから入れない』

と言ってみようかと思うけど
言ったことはない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。