dark side of moon

SAの後遺症、OCDと共存しながら楽しく生きようと模索中

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
時々イライラの悪魔が襲ってくる。

きっとストレスが飽和状態になった時になるんだと思う。

強迫性障害で、自分が喋ったことが後になって気になって仕方ないくせに、
辛辣なことを口走ったりしてしまう。
どうでもいい天気の話とか、ニュースの話とか、
そういうのは別として
喋ったことの中身を
何度も繰り返し頭のなかで上映しては吟味して
片っ端から訂正したくなる症状。

病気なの解ってるから、
そのたびにメールしたり戻っていって訂正したりはしない。
けど、その衝動を抑えるのも結構大変。
それがいつもだから余計大変。

イライラの悪魔がそばにいる時は
こうして種を蒔いたあとに刈り取る作業に追われるから
イライラに加えて強迫との闘いも始まる。

酷いスパイラル。



ストレスが溜まってても無理してても、忘れたころでないと気がつかない。
どんなことも平然とやり過ごすことが生きるための特技だったけど、
今は邪魔なスキル。

スポンサーサイト
 強迫性障害にも色々有るみたいで、私は潔癖強迫も強いのだけど、この症状は理解してもらえそうで難しい。
神経質な綺麗好きの人は結構な数いて、だから余計にこの症状がその延長のように理解されるのもちょっと困る時がある。
私も人に説明するときに手っ取り早く「綺麗好きが度を越して生活に支障をきたすくらい」と説明する時があるけど、実は全然違ってる。
「綺麗好き」なんかじゃ全然なくて「こだわってる」だけなんだ。
『ここがこうじゃなきゃダメ』ってことなんだけど・・・それで、『ここがこうじゃないからつらくてたまらない』んだけど。
でも、そうすると『こうじゃなきゃダメ』な理由を理屈で説明できない。
その『つらくてたまらない』度合いも尋常じゃない。
それが病気たる所以なんだけど。

 だいたい、どこかの家に泊めていただいて
「すみませんお風呂が不潔な気がして入れないんです」
「キッチンの◯◯が気になってつかえないんです。」
「洗面所の××が嫌でたまらないんです。」
「お布団が、タオルが、気になって使えないんです。」
なんて言おうものなら大変な失礼だ。
ものすごく失礼だ。
そんなこと言おうものならけんかを売ってるのと同じだ。

でも、我慢してると恐ろしいストレスがかかる。
ホテルだって同じだけど、ただ、言い訳や説明をしなくて済むのはいくらかましだけど。

まったく、どうしたものか。
困る。
すごく困る。


仕方ないからストレス覚悟で挑む。
でも、クタクタです。







メンクリに行くと、
「ストレスに感じることはありましたか。
 眠れていますか。
 食欲はありますか。」
ドクターがロボットみたいに毎回同じ口調でパソコンの画面を見ながらキーボードを叩きながら片手間で聞いてくる。

「寝ている時じゃなくて、起きているときなんですが、呼吸が苦しくなって…。」
「寝ている時の無呼吸はあるけど、起きてる時にねぇ…。
 深呼吸して下さい。
  後は、ユーパンで凌ぐしか無いな。」
「はい…。」
「じゃまた、2週間後…。」

虚しい。

非常に虚しいぞ。





繰り返し繰り返しトイレの夢を見る。

私はいつもトイレを探しまわっている。
大きな建物の中で、それは
学校だったり病院だったり宿泊施設だったり…するのだが、
どのフロアを探しまわっても、絶望的に不潔なトイレばかりで、
詰まっていて流れない、
汚物が溢れかえって足の踏み場もない、
戸が壊れている、戸がまったく無い。

もう神経を逆撫でされて動悸がする
そんなトイレばかり。

潔癖強迫の私が使うことが出来るトイレが一つもない。

夢の中では
それらの建物の光景はいつも同じものだ。
私は半泣きであちこち探しまわり、
すっかり疲弊してしまい
追いつめられて目が覚める。


ところが最近とっても面白いことが夢のなかで起きた。
いつも夢に出てくるその場所の
同じトイレが、なんとリフォームされた。

ちょっと笑える。

なんと新しい洋式の便器は、
紺地に明るい花柄の便座に取り替えられ一見清潔になっていた。
私は用心深く点検するのだけど、
これがあのいつもの絶望的に汚いトイレを
ただリフォームしただけだとしたら、
汚物に綺麗なカバーをかぶせたようなものなのではないか?

と考えた。

そしてまたちょっと絶望に襲われるのだけど、
「そういう事はあまり深く考えないように訓練しなくてはいけないのだ」
と自分に言い聞かせている。

不潔恐怖の強迫の症状なんだろうけど、トイレのことが気になって仕方ない。
だいたい外出先でトイレに入るのにすごく不自由しているのだけれど、家のトイレもちょっと構えてしまう。
それで同居人にトイレの使用について一つお願いをした。

それで気まずい。

そりゃそうでしょう。
あまり気分の良いものではないでしょう。

あなたの排泄物が汚いと言われているような気がするでしょうから。

はぁ~。

もうたくさんです。

トイレトイレ…トイレのことでわずらわされるのは。
トイレに振り回される生活は。

そして眠りにつけばトイレの夢。
いくら探しても探しても、汚いトイレばかり。
隣の個室、その隣…全て汚くて使えない。
詰まってる、溢れてる、酷く汚れて耐えられない。

別のフロアのトイレ、別の建物のトイレ、夢のなかで探しまわるのです。

そして疲れて目が醒めるのです。
過呼吸になって、起き上がって一生懸命呼吸を整えるのです。

トイレトイレ…。
滑稽ですけど、本人真剣です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。