FC2ブログ

ふりかけ

新しいカウンセラーさんとはもう二回目。
若くて、かわいらしい女性で、以前の方よりちょっと頼りないような。
でも、感じの良い人で安心した。

去年の夏の事だったのか、加害者に対して自分でも不思議になった感情があった。
なぜかそのことを急に思い出して、カウンセラーさんに話してみた。



どうしても・・・な用事が何かあって、夫と私は実家に行った。
なんと加害者X氏が一人で家にいた。
姉たちの戻りを待つ間、私たちは3人で気まずい空気の中。


その時にX氏が

「ふりかけを買っておいたんだっけ。」
と言って立ち上がり、

「夏は、食欲出ないときもあるから
  ・・・これ。」

と、和紙の包装の高級ふりかけ錦松梅を私たちの前のテーブルに置いた。

「ああ、どうも。」と、夫と私と、どちらか忘れたけどボソッと言った。


そしてまた気まずい空気が流れるのだけど、
その時私は
自分の気持ちに、それはそれは混乱していた。

それがなぜなんだろ・・・と不思議で、カウンセラーさんに話しながら思い出してみた。


 おまえ、この期に及んでふりかけかよ・・・
 自分のやってきたこと解ってんのか。
 そのおかげで何がどうなったかわかってて、
 それで今、夏バテしないように、ご飯がたべられるように・・・ね、って。
 ふりかけ・・・って?
 ばかなの。

って思ったのかも。


それから

なんか・・・その「ふりかけ」ってアイテム。
X氏の手から渡された「ふりかけ」の罪のない可哀そうさと
「ふりかけ」を可哀そうにしてしまったX氏の憐れさと…。
頑張って生きてきたんだろうけど、
こんなにとんちんかんなことになってるX氏と私のことが切なくて


それで私はその時泣きそうになってた。


あれほど、
呼吸が止まるかと思うほど憎んで怒って
この手で殺してしまうことすら気持ちが悪い。
そういう人。
その人に向かって私はそのとき、何かとても予想外な感情に混乱していた。


そんなことがあったんですよ・・・って、話を終えた。


『やさしさ』じゃないですか?
moonさんの・・・

若くて優しいカウンセラーさんはそう言った。

そうですかね・・・
あいまいに笑って、でも私は少しすっきりした。


持て余してた感情を、ちょっと降ろして楽になった。




Compact Menu Box

深海の魚

今お世話になっているカウンセラーさんとお別れした。
彼女のスキルアップによる転職のお話は以前から聞いていた。
治療途中でのお別れに対するお詫びとともに。
そして、先日はとうとう最後のカウンセリングの日だった。

この先生とのやりとりで一番心に残っている話は
深海の魚 のこと。

海の浅いところで泳ぐ魚もいれば、深海で生きる魚もいます。
でも中には、その間を行き来する魚がいる。
moonさんはそんな魚なんですね。

私はその言葉でなぜか急に涙があふれとまらなくなった。
先生も少しだけ当惑されていたようにも見えた。

そして、お別れになることを告げられた日のカウンセリングで

前に深海の魚のお話をしましたよね。
moonさんは、浅いところも深いところも行き来できる能力をお持ちで、
だからこそ人一倍つらい道を歩んでこられた。
でも、それはmoonさんの財産だと思うんです。

その言葉は、とてもありがたかった。
今までのつらいことが労われた気がした。
どんな優しい慰めよりも、お疲れ様 と言われた気がした。
そして私の遠回りが無駄ではなかったと、認められた気がした。

そんなふうに、私が救われたこと。
その気持ちをお別れの時、伝えてお礼を言いたかった。
どうしても。
その時に思っていたのは、もうひとつのHPに書いた私の生い立ちに出てくるH先生に対する後悔。
H先生は高校時代、暗闇でもがいていた私に根気よく手を差し伸べてくれた担任だった。
私は真っ暗な中手探りで、すべての手を払いのけ暴れ続けて、もちろんH先生の助けの手もピシャリと叩いてはねのけた。
そしてそのまま別れた。

その時の後悔をもう二度と繰り返したくないと思い、今回だけはちゃんとありがとうを言いたいと思った。

最後のカウンセリング終わり、書類に何か書き込んでまとめる先生に

先生、私。
先生が以前言ってくれた深海の話、すごく救われてて。
深海に潜る力が財産だって・・・言ってくださったこと。
その言葉、私の財産です。
新しい、財産になりました。

先生は、
ああ、よかった
嬉しいです
と言ってにっこり笑った。

コロナで自粛中なので握手はしなかったけど
本当はハグしたかったけど、
でも、ちゃんと気持ちを伝えられて満足だ。

私はこんなふうに前とは違う私になりつつある。
ちゃんと人と向き合い、自分の思いをまっすぐに伝え
自分を愛し、他者をいつくしんで
地に足をつけて、ちゃんと明るいところを
周りを見ながら、着々と歩いていく。

これからも。
Compact Menu Box

空白の時間

カウンセリングでわかったこと。
最近私はいつもいつも何かに追われるように急いでいて、何をやっても雑になる。


かなり前、私は全く違う性格だった。
なんでも根気よく丁寧に時間をかけてやる。
のんびりと一つのことに集中して気がすむまでやる。
そういうタイプだったのだけど、性格がすっかり変わってしまった。
本も読めないのは前にも書いたけど、うつ状態から脱してもそれは変わらなかった。
何故なんだろうと思っていた昨今。
カウンセラーさんに、私が急いでたどり着きたい先は「空白」ではないのかと言われ、
「それだ!」と思った。
「空白」を目指していつも慌ててるんだ。
その空白とは、何もすることがない状態で、全てのことを完璧に終えて、もう何もしなくて良い、やることがない…っていう状態。


で、そんな状態はまずあり得ないので、(家事も、やらなきゃならない事は無限にある)私はこれからも何かに追われるようにいつも急いでる状態を続けるしかない。


ふと、不思議の国のアリスに出てくるうさぎみたいだと思った。





Compact Menu Box

本が読めない

大好きだった本がここ数年読めなくなった。
あんなに本好きだったのに…と不思議に思ってた。
同じ性暴力被害者の方とSNSで話している時、同じ、本が読めない状態であることが分かり、その人も本来は読書好きであることから、気になって調べてみた。


すると鬱状態が集中力を阻害するという情報を見つけた。

クリニックでなんとなく世間話的にそのことを話題にしたところ…
『気にかかる大きなトラブルを抱えていたり、とにかく「それどころではない」という状況や、抑鬱状態でも起きるし、強迫性障害の一つでもある可能性がある』ことを指摘された。
なんだ、そうか…。
こういう時、あー、まだこの病気なかなか治らないなあ…と暗くなる一方、どこかでホッとする。
原因がわからないと自分を責める、自分の性格、根性のなさ、弱さ…自分に矛先が行く。
でも、仕組みがわかって、
それなら病気を直せば良いんだ…と、霧が晴れる。

Compact Menu Box

鬱になるのが怖い

昨日から、以前鬱になったときの前触れに似たような状態になっていて
すごく怖い。
あんな辛いのはもう二度と嫌だ。

私の不安と憂鬱に飲み込まれるのは、流石にパートナーももうギブアップだと思う。

なんとか這い上がれるうちに這い上がるぞ。
井戸の中に落ちて、よじ登れなくなる前に。
まだ捕まるところがあるうちに。
どこでもいいから足をかけて、ぐいっと体を持ち上げて、最後の力振り絞って
この井戸の縁から外へ。
Compact Menu Box

 | HOME |  »

MENU

NEW↓

05200330031301260409

COM↓

1224122212201108110210301029

TB↓

ALL Adm